PRP療法(PRP療法(ACR療法))

  1. 主な特徴
  2. 治療の流れ

血小板を持つ成長因子で、細胞を活性化させる

患者様ご自身の血液から抽出した血小板を利用し、低下した肌機能を蘇らせる治療方法です。血小板には新しく血管を作ったり、コラーゲンの生成を促したりする成長因子が多数含まれ、肌の細胞を活性化させる事が出来ます。ご本人の血液を利用するため、副作用の心配もありません。

PRP療法(PRP療法(ACR療法))の主な特徴・効果

  • 血小板の持つ成長因子により細胞が活性化され、肌全体の若返り効果があります。
  • 患者様ご自身の血液を利用するため安全性が高く副作用の心配が殆どありません。
  • 血液の採取から施術まで、当日の内に治療を行う事が出来ます。
  • 肌の活性化により、にきび・にきび跡の治療にも効果的です。
  • 本来の効果が発揮されるまで、2~3ヶ月程度の時間経過が必要です。

PRP療法(PRP療法(ACR療法))(自己多血小板血漿注入法)について

PRP療法(PRP療法(ACR療法))(多血小板療法)とは、Autologous Cell Rejuvenationの略で、高濃度の血小板を含んだ“多血小板血漿(PRP)” を注入することで、ダメージを受けた肌を若く改善させる全く新しい若返り治療です。もともとは、インプラントの手術をした際に歯ぐきの再生を促したりする歯科医療等の分野で注目を集め、応用が進んでいる技術です。血液の中の血小板には、「成長因子」と呼ばれる、細胞を元気にして若返らせる成分が含まれており、その成分を直接機能が低下した部位に注入することで、お肌を活性化させることができます。しわ、たるみ、しみの治療、毛穴の縮小、にきび、にきび跡、にきび跡の赤みの改善 皮膚の若返りに効果的です。

なぜ血小板で若返るのか

血小板には PDGF, FGF, EBF, VEGF, など血管の新生やコラーゲンの生成を促し、創傷を治癒させる成長因子が多数発見されています。
皮膚を切ったりして血が出るような怪我をすると、その傷口に最初に集まるのが血小板です。血小板中のこの成長因子が細胞の表面に直接くっつき刺激を与えます。
すると弱った細胞が賦活化され(刺激を与えられて元気になり)、体内の壊れた血管や細胞を修復します。この血小板には傷を自分で治すというシステムの最初の段階を指示する役割を担っているのです。
PRP療法(PRP療法(ACR療法))は、自分の血小板の中に含まれるこの成長因子をシワ・タルミが気になる部分に直接注入し、生体に本来備わっている働きを利用して皮下のコラーゲンや毛細血管を増やすことで、肌の若返り効果を得る治療なのです。

効果・メリット

肌の若返り・活性化

血小板のもつ成長因子により、肌全体に若返りの効果があり、しわやたるみが気になる部位に血小板を注入する事で改善する事が出来ます。また、注入を行う事で肌代謝が活性化されるため、にきびやにきび跡、毛穴やしみなどの治療にも効果的です。

安全性の高い治療法

PRP療法(PRP療法(ACR療法))はご自身の血小板を利用してオリジナルの注入剤を作成する安全性の高い完全オーダーメイド治療です。既存の注入療法のような感染やアレルギーの心配もないため安心して受けられます。

美容に関するお悩み・ご相談に無料でお答えします。

「医療レーザー脱毛の効果が知りたい」「シミが増えた気がする…」
「本当に痩せられるの?」など疑問や不安をお気軽にお寄せください。
カウンセラーがお話をうかがい、医師と相談の上、お答えいたします。

無料カウンセリング予約
無料メール相談