0120-3888-65

診察時間:11:00~20:00

※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

PRP治療(ACR)

PRP治療(ACR)の安全性と注意点とは

PRP治療は「自己多血小板血漿注入療法(ACR)」とも呼ばれ、血小板を使って細胞を活性化させて治癒力を高める目的で行われる再生医療のひとつです。シワ・たるみ改善やニキビ跡を消す方法として、一部の美容クリニックでも実施されています。治療法は簡単で、患者さま本人の血液を採取して遠心分離器で血小板を取り出して患部に注入します。本人の血液を使用するため、他の再生医療と比べると安全性が高くて手軽に施術を受けることができるというメリットがあります。

PRP治療(ACR)のメカニズムと手順

PRP治療(ACR)のメカニズムですが、血小板は出血した場所に集まって凝固する性質がありますが、この時にサイトカインや成長因子が放出されます。サイトカインは炎症を抑える働きがあり、成長因子は細胞を活性化させることで血管や他の組織の再生を促し、治癒を早め、ニキビ跡を消すことも可能です。効果が出るまでに時間を要しますが、数か月~1年間にわたり治療効果が持続します。 PRP治療では採血をしてから血小板を濃縮する間に血液が凝固するのを防ぐために、血液凝固を抑制するための薬剤を使用します。採血や血小板を注入する際は注射針を刺すので、傷口から細菌が入って感染症を起こすリスクがあるので、治療をした日は入浴をすることができません。翌日以降であれば、通常の生活に戻ることができます。

PRP治療(ACR)の安全性とデメリット

PRP治療(ACR)の安全性

再生医療の方法として、IPS細胞やES細胞を利用する研究が進んでいます。ES細胞などを利用する再生医療は、細胞を培養してから患部に移植をします。培養をしてから患部に移植をする方が治癒効果は高いのですが、培養時に細胞がガン化してしまうというリスクがあります。また、移植後に拒絶反応が起こるリスクも存在します。 PRP治療は本人の血液を使用するので、拒絶反応やアレルギーの危険性は低い治療法です。10年間以上にわたり口腔外科分野でPRP治療が実施されてきましたが、アレルギー反応は報告されていません。PRP治療は再生医療の中では、安全性が高いといえます。

PRP治療(ACR)のデメリット

PRP治療にはいくつかのデメリットも存在するので注意が必要です。細胞の再生能力は加齢やその他の要因により低下するため、効果の程度や持続期間にはばらつきがあります。 また、注入した部位に赤みや晴れ・むくみ・内出血などが起こる可能性がありますが、術後数日で回復します。また、注入部位を触るとごわごわした感じや硬さを感じることがりますが、こちらも数日でなくなることがほとんどです。 PRP治療(ACR)では、注射の針を刺した箇所以外は施術後すぐにメイクをすることができます。翌日からは針を指した部位もメイクして問題ありませんので、仮に赤みなどの副作用が起こってもコンシーラーやファンデーションなどで目立たないようにすることも可能です。

PRP治療(ACR)が受けられない人とは

PRP治療(ACR)は安全性が高い再生医療として知られていますが、治療が受けられない人がいます。血小板を濃縮する際に血液凝固を防ぐ薬剤を添加しているので、血液の凝固を抑制する薬を内服している方は治療が受けられません。リュウマチ・膠原病などの免疫系の病気の方や、肝機能障害・腎機能障害のある方も適用外です。過剰にPRPを注入すると肉芽腫(しこり)ができてしまう場合があるので、同じ場所に注入をする場合には2か月かそれ以上の期間を空ける必要があります。 PRP治療は血小板の成長因子によって体の細胞が活性化される効果が得られますが、ガン細胞が増殖してしまう可能性も考えられます。このため、悪性腫瘍の治療中または既往のある方も治療が受けられません。他にも服薬している薬がある方や、妊娠中・授乳中の方もPRP治療を受けることができません。クリニックによっては、注入する前に細胞を増やす作用を持つ薬を添加する場合があります。この薬に対する過敏症の方は、治療が受けられないので注意が必要です。 PRP治療は1日で済みますが、治療が受けられる条件が決められています。PRP治療を受ける際は専門医のカウンセリングを受けて、健康状態や服用中の薬の有無・種類などをチェックしておくことが大切です。

まとめ

PRP治療(ACR)は本人の血液を使用するので、安全性が高い再生医療として知られています。過去に口腔外科や関節・スポーツ外傷治療などで行われてきた実績があり、安全性が高いことや高い効果があることが認められています。また、施術を行った部位に赤みやはれが出ることがありますが、翌日からはメイクして目立たないようにすることが可能なので、施術当日だけ外出等を控えていただければ問題ありません。 ニキビ跡やシミを消したいという方には最適かつ画期的な治療方法ですので、現在お悩みの方はぜひフェミークリニック新宿院へご相談ください。 なお、身体の状態や服用している薬によっては治療を受けられないこともありますので、美容皮膚科およびかかりつけ医とよくご相談のうえ治療を受けるかどうか決定するようにしましょう。また、万が一副作用が長く続くなど術後に不安なことがあった場合は早めに専門の医師に相談するようにしましょう。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-65

call 0120-3888-65

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

新宿フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内