0120-3888-65

診察時間:11:00~20:00

※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングによるシミ治療のメリット・デメリット

ケミカルピーリングはシミ治療にぜひおすすめしたい治療法です。しかし、どんな治療法なのか分からない人や、ケミカルと言うワードに「肌に刺激が強そう」「肌に悪い影響はないの?」と不安に思う人は多いと思います。そこでケミカルピーリングとはどのような治療法なのか、またどんなメリット・デメリットがあるかについて紹介していきます。「ホームピーリング」との違いも解説するので、シミ治療を検討している人はぜひ参考にしてください。

メリット:肌の機能を改善してくれる

ケミカルピーリングは、酸の力によって肌の角質層を取り除く治療法です。余分な古い角質が肌に溜まっていると、毛穴の詰まりによるニキビやくすみ、小じわやシミといった肌トラブルの原因になります。肌には古い角質を排出して生まれ変わる「ターンオーバー機能」がありますが、この機能は加齢や肌へのダメージ等によって低下してしまいます。シミとは肌の奥にメラニン色素が蓄積した状態です。ターンオーバー機能の低下で角質の排出が滞ると、メラニンの排出も滞りシミができやすくなります。一方ケミカルピーリングで使用される酸には、古い角質を剥がれやすくする働きがあります。古い角質を取り除くと肌は新たな角質を作り始めるので、細胞の活性化によってターンオーバー機能改善の効果が期待できます。その結果徐々にメラニンが排出されていくため、シミを根本から取り除くことが可能です。またターンオーバー機能の改善によりメラニンが蓄積されにくくなるため、今後できるシミの予防にもなります。それに加えて、細胞が活性化するとコラーゲンやエラスチンの生産も活発になります。これらは肌のハリや弾力を保つために欠かせません。よってケミカルピーリングは、シミの除去と併せて見た目から若々しい肌を取り戻すことにも繋がります。

デメリット:肌トラブルなど

ケミカルピーリングで使用するピーリング剤の刺激は、人によっては痒みや痛み・赤みなど炎症の原因になります。元々肌が弱い場合は注意が必要ですし、肌が荒れやすい妊娠中や免疫機能の低下している場合は、施術を受けることができません。ただし症状自体は軽度で一時的なことが多いので、適切なカウンセリングとアフターケアを行えば大きな問題はないでしょう。

また施術直後の数日間は、様々な刺激に対して肌が敏感になります。紫外線や過度の乾燥などによって肌荒れを起こす恐れがあります。肌の機能を正常に取り戻すためには施術後はしっかりと保湿ケアを行うことが大切です。施術の前まで使っていた化粧品も、ケミカルピーリング後は刺激が強すぎて合わない場合があります。肌荒れだけでなくシミが悪化するリスクもあるため、この場合は低刺激の化粧品を新しく用意する必要があります。そのため、フェミークリニック新宿院では医師から保湿効果の優れている化粧品やご自宅でのケア方法をご提案させていただきます。

ケミカルピーリングは、一回の施術でシミ治療の効果を発揮するものではありません。シミをきれいに治すには、一般的に5~10回ほど通院することになります。また一回の治療後ごとに2~4週間ほどの期間を設けるため、治療の完了までにはそれなりの時間も掛かります。ケミカルピーリングの効果を発揮するためにも、ご自宅でのケアが必要不可欠です。

フェミークリニック新宿院のケミカルピーリング治療

当院がケミカルピーリング治療で使用しているピーリング剤は以下のものになります。

グリコール酸

フルーツ酸(アルファヒドロキシ酸)の一種です。サトウキビ、ビーツなどの植物に含まれています。グリコール酸は、浸透性が高い医療機関専用のケミカルピーリング剤です。ニキビの原因となる毛穴の汚れを取り除いて、ニキビの炎症を抑えます。 ニキビの炎症を抑えるだけでなく、シミやくすみ、毛穴の黒ずみなどメラニンを原因とする肌トラブルも解消します

また、コラーゲンの生成を促進する効果もあるため、施術後は肌のハリや弾力アップを実感いただけます。

サリチル酸マクロゴール

グリコール酸同様、医療機関専用のケミカルピーリング剤です。酸を皮膚表面に止め、角質にのみ作用するよう作られています。グリコール酸ピーリングが肌に合わなかった方でも利用できます。

肌を柔らかくし、ハリのある肌へと改善する効果があります。

TCAピーリング

TCAピーリングはケミカルピーリングの中でも、肌に働きかける力が最も強いピーリング剤です。主に、治療が難しいとされるクレーター状やアイスピック状に凹んだニキビ跡の治療に使用します。

約1か月間隔で3~5回程度治療を繰り返すことで、コラーゲンの生成が促されます。

ホームピーリングとの違い

ホームピーリングとは、自宅で・自分の手によって行うピーリングになります。よって美容皮膚科やサロンなどでプロの手によって受けるケミカルピーリングとは根本的に違います。またホームピーリングとケミカルピーリングでは、使用するピーリング剤の種類にも違いがあります。ホームピーリングで使用するピーリング剤は一般的に販売されているものなので、ケミカルピーリング用のピーリング剤よりも濃度や成分はかなり制限されているのです。そのため肌質やトラブルの程度によっては効果を実感できないか、実感するまでに長い時間が掛かる場合があります。 一方、美容皮膚科フェミークリニック新宿院でのケミカルピーリングは、医師によるカウンセリングや診察を受けてから施術方針を決め、施術を行います。患者さまひとり一人の肌の状態に適切な施術を受けることができます。

ケミカルピーリングはシミ治療への効果が期待できる治療法です。また、ニキビ・シワの改善や肌のハリ・弾力を取り戻すことができます。美容皮膚科フェミークリニック新宿院では、シミそのものに直接働きかけるレーザー治療はもちろん、ターンオーバーを正常化し、肌本来の治癒力を取り戻すような治療方をご用意しています。フェミークリニック新宿院ではシミのできにくい肌質への改善と美肌へと導くシミ治療を目指しております。 シミ治療でお悩みの方はぜひ当院までお越しください。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-65

call 0120-3888-65

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

新宿フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内