0120-3888-65

診療時間 11:00~20:00 ※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

ケミカルピーリング

CHEMICAL

ケミカルピーリングの美肌効果

ケミカルピーリングでは、酸を利用して機能が低下した古くなった角質層を除去させ、お肌のターンオーバーを健康な状態に戻すというものです。 ターンオーバーを正常化させることで、さまざまなお肌のトラブルを防ぐことが出来ます。

くすみやしわ、しみ、にきび、にきび跡、凸凹肌といったお肌の悩みの原因となるもののほとんどは、紫外線やホコリによる汚れや、お肌の老化により角質が蓄積されてしまうことによって起こると言われています。 ケミカルピーリングでは、古くなって蓄積されている角質をサリチル酸マクロゴールやグリコール酸によって取り除き、角質細胞の再生を促進させてくれるのです。 お肌のトラブルとなる原因を取り除き、新しくお肌を生まれ変わらせてくれます。 サリチル酸マクロゴールは、血中に吸収されることはほとんどありませんので、ピーリングのトラブルとしてよく起こる赤みや痛みなどの副作用は非常に少ないです。

また、皮脂の分泌を抑える効果があります。特殊な薬剤が使用されて行う美容法ですから、普段のお手入れでは行き届かない角質層やコラーゲン組織がある真皮層のお手入れが可能なため、さまざまな肌トラブルを改善して美肌へと導くことが期待できます。安全性が高く、お肌の状況に合わせて定期的に行うこともおすすめされています。

ケミカルピーリングの主な特徴・効果

・酸によって不要な角質層を除去させ、お肌の機能を健康な状態に戻します。

・不要な角質を取り除くことで、治療効果を高めることにも繋がります。

・肌質を柔らかくさせ、肌トラブルの発生を防ぎます。

・お肌のターンオーバーが正常になることで、しみやくすみの発生を防ぐことが出来る。

・角質を無理やり剥がすことから、施術後から一定の期間は、お肌が乾燥をしやすい状態になります。

角質除去の効果があるケミカルピーリング

加齢が進行していくと身体の新陳代謝だけではなくお肌の新陳代謝も衰えていき、古い角質がお肌の表面に蓄積しやすい状態になります。ケミカルピーリングは、このような古い角質が蓄積されたお肌に薬剤を使用して行う美容法で、皮膚の表面にある角質層から表皮上層部を剥がれやすくしてお肌のターンオーバーを促進する効果が期待できます。この作用によって、蓄積された古い角質をきれいに除去することができますので、角質肥厚によるお肌のくすみや毛穴の黒ずみなどに効果的で美肌へと導きます。 古い角質は、普段のお手入れではなかなか除去することは難しいと考えられており、専門のクリニックで行われるケミカルピーリングは、安全に除去することができます。また、ケミカルピーリングは、皮膚科学に基づいた医療手技で新しい皮膚の再生と古い角質の除去を効率よく行うことができますので、毛穴の黒ずみやお肌のざらつきが気になる方にはおすすめです。

ケミカルピーリングによる角質除去で、お肌のトーンも明るくなり透明感を引きだす効果あります。角質除去だけではなく、お肌に弾力を与えるコラーゲン組織を活性化させる効果がありますので、みずみずしい美肌を手に入れたい方にもピッタリな美容法といわれています。

ニキビ跡に効果的なケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、ニキビが原因で生じるニキビ跡に効果的な美容法です。ニキビ跡は、毛穴トラブルの一種ですから、角化細胞の形状や配列を整えて角質層の構造や機能を改善させるケミカルピーリングが有効な方法と考えられています。

さらに、ニキビ跡のない本来のきめ細かくて張りのあるお肌を取り戻し目立たなくする効果が期待できます。ケミカルピーリングは、お肌の状態に合わせた薬剤が使用されますが、薬剤が血液中へ吸収されることや全身的な副作用の心配もないのが特徴です。

そのため、皮膚の角質以外の細胞を傷つける心配がありませんのでニキビ跡のお肌にも安心して利用できます。ニキビ跡の状態やお肌の状態によって効果には個人差はありますが、定期的に行うことでお肌を新しく生まれ変わらせることが可能ですから、ニキビ跡が気になる方におすすめです。

また、ケミカルピーリングは、毛穴に詰まっている汚れを溶かすだけではなく、ニキビの原因菌であるアクネ菌を除去する効果や炎症を抑えるはたらきがありますので、ニキビに最適な美容法と考えられています。 角質層の下にある真皮層のコラーゲン再生も同時にできますので、普段のお手入れでは改善が難しいといわれているニキビ跡に効果的で柔らかく弾力のある美肌へと導きます。

皮脂の分泌を抑えるケミカルピーリング

皮脂は、お肌の表面にあるバリア機能を高めるための大切な脂分ですが食生活やストレスなどが原因で過剰に分泌されて毛穴トラブルやニキビの原因になります。ケミカルピーリングは、フルーツ酸などのピーリング剤を使用して皮脂の過剰な分泌を抑える効果もあります。皮脂に近い性質をもっているサリチル酸マクロゴールという薬剤は、皮脂がたくさん蓄積する毛穴トラブルのケミカルピーリングによく使用されています。

この薬剤も角質層以外の細胞を傷つける心配がなく炎症が起こらない安全な方法ですから、皮脂の過剰分泌による毛穴の黒ずみやニキビケアにおすすめです。グリコール酸を使用したケミカルピーリングは、アクネ菌や皮脂を分解するはたらきがありますので皮脂の分泌を抑える効果があります。お肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されることも挙げられており、それによってお肌のコンディションが悪くなりメイクが崩れやすくなります。ケミカルピーリングによって古い角質だけではなく過剰に分泌された皮脂を除去して分泌を抑えるためには、美肌へと導く基本的なお手入れでもあります。

リスクとその解消法

施術後しばらくの間、肌が多少乾燥しやすくなる場合があります。 ケミカルピーリングでは、人工的にお肌の角質を除去しますので、新しい角質細胞が出来るまでの数日間は、お肌が乾燥しやすく化粧のりが良くないように感じることもあります。 フェミークリニック新宿院では、ケミカルピーリングの施術後にイオン導入と保湿パックを行い、出来る限りの乾燥を防ぐようにしています。 フェミークリニック新宿院で保湿性の高い化粧品を購入することも出来ますので、気になる方は問い合わせを頂ければと思います。

ケミカルピーリングの施術後は、お肌が乾燥しやすい状態になっていますので、保湿ケアをいつも以上に行うようにして下さい。 保湿ケアをしっかりしておくことで、角質細胞をより早く生まれ変わらせることができ、正常の状態に戻る期間というのも短くなります。 また、ケミカルピーリングの施術後はお肌が敏感になっていますので、スクラブ洗顔や過剰な洗顔は避けるようにして下さい。 フェミークリニック新宿院では、ご自宅でのセルフケアのアドバイスをしておりますので、ご安心下さい。

お問い合わせ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内