0120-3888-65

診療時間 11:00~20:00 ※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

VIO脱毛

VIO

VIOとは部位の形状由来の名称で、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアの総称で、デリケートゾーンの事を指します。

近年では女性の美容に対する意識が高まり、ワキや脚などを脱毛する人が増えつつありますが、その中でもVIO脱毛は年齢問わず多くの女性に人気の脱毛治療です。

ワキや脚などに比べると、デリケートゾーンということもありさまざまな不安を抱え、自分で処理している人もいるはずです。ですがアンダーヘアの自己処理はリスクが高く、専門の施設で処理してもらう方が安全です。 デリケートな部位だからこそ、肌トラブルを避けるためにも脱毛治療の実績が豊富で症例数が多いクリニックで適切な治療を行うことをお勧めします。

フェミークリニック新宿院では開院以来多数のVIO脱毛を行っており、肌質や毛量によって照射レベルを細かく調整しながら脱毛治療を行っています。また脱毛以外でも気になる点があれば、医師やスタッフにお気軽にお申し付けください。

VIOの医療レーザー脱毛
施術時間 40分
痛みレベル ★★★★☆ 4 VIOラインは、毛量が多く太い毛のため痛みを感じやすい部位です。当院では麻酔クリームを使用し痛みの負担を軽減することも可能です。
毛嚢炎、ニキビ等のリスク 毛嚢炎 ★★☆☆☆ 2 ニキビ ★★☆☆☆ 2 痛みを感じやすく赤みが出やすい部位です。 痛みの感覚を伺いながら照射スピードを調節するなど 施術経験豊富なスタッフが丁寧に治療をおこないます
脱毛範囲 V:足の付け根2cmの範囲 I:女性器の周囲と肛門までのライン (粘膜の部分は脱毛できません) O:肛門周り

VIO脱毛を回数や費用、メリットデメリットといった観点からご紹介します。

VIO脱毛の回数や範囲、費用

VIO脱毛にかかる回数は個人個人で違うため、ハッキリと表すことはできませんが、目安として5回の通院が必要となります。 肌質や毛質は人によって変わりますし、痛みの感じ方も個人によって異なります。患者さまひとりひとりに合った調整をしながら処理をしていくので、人によって回数には個人差があります。

脱毛の範囲は、Vラインでは足の付け根から2cmの範囲です。Iラインは女性器の周りと肛門までのラインです。ただし粘膜部分は脱毛することができないので注意が必要です。Oラインは肛門の周りです。

VIO脱毛はセット料金もご用意しています。またVラインやIライン、Oラインを個別に脱毛することも可能です。お支払方法も提示されている中から自分で選ぶことができ、現金で一括払いもしくはクレジットカードが利用できます。

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛のメリットはいくつもありますが、もっとも実感しやすいのはわずらわしさからの解放です。毛というものは自分でカミソリや毛抜きで処理していても、少し放置するだけで嫌というほど伸びてきます。特にデリケートゾーンでは、そもそも処理がしにくいうえに怪我のリスクも非常に高いです。 衛生上もメリットもあります。少しでも処理をおこたれば、下着の中で蒸れやすくなり、雑菌の温床となって痒みの原因になってしまいます。特に女性器付近のIラインは、分泌物がムダ毛にからまって不衛生な状態におちいりやすいです。

VIO脱毛を施してもらうことで、日々の自己処理の手間や怪我のリスク、ニオイや痒みといった悩みをとっぱらうことができるのです。

他にも美肌を保てるというメリットもあります。自分で処理を行っていると、埋没毛や毛穴の黒ずみという問題が起こります。ですが適切に脱毛をすれば、ムダ毛が自然と抜け落ちていくので、肌や毛穴に優しく黒ずみとなる炎症を抑えることができます。

また肌の露出の多い水着姿も思う存分楽しむことができるようになります。布面積の少ない水着を着ると、ムダ毛がはみだしやすく、カミソリ負けした荒れた肌があらわになることがあります。ですがVIOの脱毛をきっちりこなしておくと、余計な心配事をしなくてすむので、気持ちよく肌を出して開放的な気分になれます。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛には多くのメリットがありますが、少なからずデメリットとなる部分も存在します。

特に注意すべきなのが、痛みを感じやすいということです。デリケートゾーンは、ワキや脚などに比べると非常に敏感で、毛が濃い事も多いためレーザーが反応しやすく痛みを感じやすい部分となります。もちろん、患者様それぞれ毛質や肌質などから傷みの感じ方は、人によって大小さまざまに分かれます。不安な場合には麻酔クリーム等を事前に塗布することで痛みを軽減することが可能です。

また痛みの他にも羞恥心もあります。医療脱毛の施術とはいえ、人前で肌を見せるというのは恥ずかしい方も多いかと思います。フェミークリニック新宿院では女性スタッフがタオルで隠しながら照射部位だけ肌を露出して治療を行っています。できるだけ不安を軽減し、リラックスした雰囲気で治療を行えるように心掛けております。

その他にも施術の時期も考える必要があります。生理中はホルモンのバランスが変わるため、肌荒れや痛みの感じ方に変化が起きたりと、少ないですがリスクが生じます。そのため施術予定日には気を配らないと、予定していた日に施術を受けることができなくなる場合があります。

その他にも施術の時期も考える必要があります。生理中はホルモンのバランスが変わるため、肌荒れや痛みの感じ方に変化が起きたりと、少ないですがリスクが生じます。そのため施術予定日には気を配らないと、予定していた日に施術を受けることができなくなる場合があります。

お問い合わせ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内