0120-3888-65 診察時間 11:00~20:00 ※年末年始を除き無休

医療脱毛の痛み

ABOUT PAIN

医療脱毛は痛みが強い?

フェミークリニック総院長兼新宿院院長北山医師

「医療脱毛は痛みが強いのでは?」「エステ脱毛より痛いと聞いたけど…」など、医療脱毛が気になっていても、痛みを気にして最初の一歩が踏み出せない方もいらっしゃることでしょう。
一般的に医療脱毛の痛みは「輪ゴムで軽く弾れたときのパチッとした痛み」と表現されますが、痛みの感じ方には個人差があります。
こちらのページでは、施術時の痛みについて詳しくご説明するとともに、新宿フェミークリニックの痛み軽減への取り組みをご紹介します。

フェミークリニック総院長兼新宿院院長北山 英美子

医療脱毛で痛みを
感じる理由とは?

REASON
  • レーザーの熱がメラニン色素に反応する様子
  • レーザーによる熱が
    周辺の皮膚に伝わる

    医療脱毛は、医療用の強力なレーザーをお肌の表面から照射し、毛を作り出す細胞そのものを破壊する施術です。
    使用するレーザーは黒色のメラニンに反応して熱エネルギーを発生。この熱が細胞を破壊すると同時に毛穴周辺の皮膚にも伝わり、施術時の痛みにつながります。
    痛みの感じ方は施術部位によって異なり、太くしっかりした毛が生えているワキやVIO、皮膚が薄く骨に近い顔やひざなどは痛みを感じやすくなります。

    なお、新宿フェミークリニックでは、レーザー照射と同時に冷却処置ができる医療脱毛機器を導入し、痛みを緩和しています。

  • 患者様の腕にレーザーをあてるスタッフ
  • エステ脱毛よりも
    パワーが強いレーザーを使用

    医療脱毛とエステ脱毛は似て非なるものです。
    発毛組織を破壊する医療脱毛は医療行為にあたり、それを可能にする強力なレーザーは医師や看護師しか使用できません。
    一方、エステ脱毛は、医療レーザーよりもパワーの弱い光線で発毛組織にダメージを与えるだけなので、一時的な効果しか得られません。そのため、徐々に毛が生えてきてしまいます。
    医療脱毛の照射パワーの強さ=脱毛効果の高さだとわかりますが、その分、痛みも強くなります。
    ただし、レーザーの出力調整や照射方法の工夫によって痛みを軽減できます。

入念な対策で医療脱毛の
痛みは軽減できる!

REDUCE A PAIN
  • 日傘をさしている女性
  • 対策①:日焼け防止

    日焼けは、皮膚内にメラニン色素が増殖し、お肌が黒くなった状態です。そこにレーザーを照射すると肌表面にも反応してしまい、痛みを感じやすくなります。 しかも、日焼けしたお肌はバリア機能が低下しているため、わずかな刺激でも肌トラブルを起こす可能性があります。

    医療脱毛の施術前後は、日焼け止めを塗るのはもちろん、日傘やお肌の露出が少ない服装をするなど、いつも以上に紫外線対策に気を配るようにしましょう。

  • クリーム
  • 対策②:お肌の保湿

    乾燥したお肌はバリア機能が低下していますから、レーザーを照射すると肌トラブルのリスクが高まるだけでなく、施術時の痛みも強くなります。
    これは、レーザーの熱を吸収してくれる水分が足りず、皮膚内部の細胞に刺激が伝わりやすくなるのが原因です。
    日頃からスキンケアをされている方も、医療脱毛を受けている期間はより一層の保湿を心がけてください。

  • スケジュール帳
  • 対策③:生理中の脱毛は避ける

    ホルモンバランスの乱れも痛みを強くする要因のひとつです。
    睡眠不足やストレスなど、ホルモンバランスの乱れを引き起こすものはいろいろある中で、特に生理中はお肌が敏感になり、レーザーの刺激を受けやすいです。
    新宿フェミークリニックでは、生理中でもタンポンを使用すれば施術が可能ですが、お肌への負担を軽減するためにも生理予定日以外でのご予約をおすすめしております。

新宿フェミークリニックの
医療脱毛の痛みを減らす工夫

METHOD
  • 新宿フェミークリニックで使用している医療用レーザー機器
  • 肌質に合わせて
    5種類の医療脱毛機器を使い分け

    新宿フェミークリニックでは、患者さまの肌質・毛質や施術部位に合わせて5種類の医療脱毛機器を使い分け、痛みの軽減を目指しています。

    中でも「メディオスターNeXT PRO」は、毛穴の浅いところに作用するため、従来の機器に比べて痛みが少ないという特徴があります。
    新宿フェミークリニックでは、蓄熱式モードではなく「ショット式モード」を使用し、高い脱毛効果を発揮しながら痛みの軽減に努めています。

  • 患者様に声掛けをするスタッフ
  • お声がけをしながらの
    丁寧な施術

    新宿フェミークリニックでは、テスト照射で痛みの感じ方を確認し、照射出力やスピードを調整しながら施術を進めていきます。
    また、細かくお声がけすることによって患者さまの不安を取り除き、リラックスしていただけるよう心がけています。
    そもそも、医療脱毛の痛みや刺激は、実際に体験しなければわかりません。
    新宿フェミークリニックでは、スタッフ全員が医療脱毛を体験しており、その経験を活かして「痛みに寄り添った施術」を行っております。

  • 診察する北山医師
  • 万が一の肌トラブルにも
    柔軟に対応

    医療脱毛は、まれにニキビや炎症を引き起こすことがあります。
    万が一肌トラブルが生じたら、すぐにご連絡ください。診察代無料で医師が対応いたします。

    また、医療脱毛後の敏感なお肌にはアフターケアが欠かせません。
    新宿フェミークリニックでは、施術後のアイシングやお薬の塗布といった院内でのケアとともに、ホームケアのアドバイスも行っています。
    痛みが心配な方には麻酔クリーム(別途料金)もご用意しておりますので、痛みが心配で医療脱毛をためらっている方も、ぜひ一度ご相談ください。

DOCTORこのページの監修医師

総院長兼新宿院院長北山医師
総院長兼新宿院院長北山 英美子

【経歴】
平成11年3月 東邦大学医学部卒業
平成11年5月 東邦大学形成外科 入局
平成11年5月 日本形成外科学会 所属
平成15年5月 日本美容外科学会 所属
平成15年5月 渋谷フェミークリニック 院長就任
平成16年11月 日本皮膚科学会 所属
平成18年2月 フェミークリニック 総院長就任
令和元年8月 新宿フェミークリニック 院長兼任
現在に至る

SNSソーシャルネットワーキングサービス

フェミークリニック公式YouTubeチャンネル

こちらのチャンネルでは、【美容皮膚科】ならではの専門的なお役立ち情報を発信しております。

LINE お友だち登録

ご登録後は、LINEからも<ご予約・お問い合わせ>が可能となります。 その他、お得なキャンペーン情報も配信しております。

公式インスタグラム

ACCESSアクセス

新宿フェミークリニック
住所 東京都新宿区西新宿1-22-15グラフィオ西新宿
営業時間 11:00~20:00  ※年末年始を除き無休
TEL 0120-3888-65
最寄駅 新宿駅 徒歩4分、都庁前駅 徒歩4分

GROUPグループ院紹介

関東エリア

  • 東京渋谷院
    渋谷院の内装と院長
    住所 渋谷駅 徒歩3分
    東京都渋谷区神南1-22-8渋谷東日本ビル8F
    TEL 0120-3888-76
  • 東京池袋院
    池袋院の内装と院長
    住所 池袋駅東口 徒歩3分
    東京都豊島区南池袋2-27-8第10野萩ビル6F
    TEL 0120-3888-25
  • 東京銀座院
    銀座院の内装と院長
    住所 銀座一丁目駅 3番出口目の前
    東京都中央区銀座1-3-13The ORB Premiere3F
    TEL 0120-3888-29

関西エリア

  • 大阪大阪梅田院
    大阪梅田院の内装と院長
    住所 大阪駅、梅田駅、東梅田駅、西梅田駅 徒歩1分~7分
    大阪府大阪市北区梅田1-12-17梅田スクエアビルディング2F
    TEL 0120-3888-67
  • 大阪心斎橋院
    心斎橋院の内装と院長
    住所 心斎橋駅 7番出口 徒歩3分、難波駅 25番出口 徒歩3分
    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-3-2御堂筋ミナミビル5F
    TEL 0120-3888-18
COUNSELING
無料カウンセリング予約
CONTACT
無料メール相談
PAGE TOP