0120-3888-65

月~土/10:30~20:00 日・祝/10:30~19:00

無料診察・カウンセリング予約

ニキビ治療のよくある質問

FAQ

よくある質問

  • Q.

    ニキビの治療期間はどれくらいですか?

    A.

    ニキビ治療をしたいと思っている人にとって、非常に気になる点の一つがニキビの治療を終えるまでに大体どの位の期間がかかるかというものでしょう。答えを先に述べますと、現時点でのニキビの症状によっても異なりますし、用いる治療方法により多少の違いが生じるため、はっきりとこの位の期間をかければ必ず治ると断定することはできません。例えば、ニキビの症状や採用する方法によっては、ニキビが治るまでに複数回の治療が必要となる場合があります。そのような場合、大体二、三週間程度の時間をおいて次の治療を行なうことになるため、合計して考えると最初の時から数えて数か月間という期間を要するであろうと考えられています。

  • Q.

    ニキビ治療は痛いですか?

    A.

    ニキビは一般的に見られる皮膚の慢性的な疾患で、特に思春期以降の若い患者さまが多くみられます。青春のシンボルとも言われることもありますが、ニキビが多発している見た目は良くないこと、悪化すると跡が残りやすいことなどから、適切な治療を行うことが望ましいものです。美容皮膚科では、レーザー光線による治療を実施可能ですので、ニキビを治しながら綺麗な肌も実現できます。そのほかにも、ピーリングやビタミン剤の内服、スキンケア指導など様々なアプローチでニキビ治療をすすめていくことができますので、安心して受診してください。心配される痛みに関してですが、高い治療効果のある光線での施術時の痛みは、ほとんど心配ありません。患者さまによって感じ方は異なるものの、ゴムで弾かれたような感覚がある程度とお考えください。

  • Q.

    ニキビ治療を始めるタイミングでおすすめはありますか?

    A.

    ニキビと言えば「青春のシンボル」とか「思春期の象徴」などとイメージされていますし、若い人だけがなるものと思われがちです。ですが「大人ニキビ」という言葉があるように、一旦治ったと思っても再び出てくることもあります。もちろん多くの人は30代半ば頃から加齢と共に皮脂分泌量が減っていくので悩む人は全体的には少なくなりますが、40代になってもニキビはあり得るのです。さてニキビ治療のタイミングですが、これは放っておくと進行したり、何度も出てきたりするので、出てきたことに気付いたら早く治療を受けることが大切です。それには再発させない治療と生活習慣などの改善などが望まれます。ですので、おすすめのタイミングは何歳になったからということではなく、ニキビに気付いた時となります。
  • Q.

    ニキビの治療ができる場所・できない場所はありますか?

    A.

    ニキビはたいていの方が経験する皮膚の疾患であり、それだけ悩まれている患者さまがたくさんいらっしゃいます。ニキビは主に思春期に顔にのみ発生するイメージを持たれている方がほとんどかもしれませんが、実際は顔以外の部位にも発生します。基本的には発生メカニズムには部位による違いはありませんので、顔のニキビと同様の施術により治療することが可能です。背中や臀部などに発生したからといって、治療できないということはありませんのでご安心ください。まず、あまり悩まずにフェミークリニック新宿院にご相談ください。
  • Q.

    ニキビ治療後にはどのようなケアをしたらよいですか?

    A.

    顔にニキビができてしまった際には、皮膚科などに通院し治療することがおすすめですが、治療後に気を付けるべきことはどのようなことがあるのでしょうか。自宅でできるケアとしては、まず清潔にしておくことです、その後には化粧水などで保湿をすることです。肌を保湿しすぎると逆にまたニキビができそうだと思う人もいるかもしれませんが、乾燥からできてしまうニキビもあるので、毎日しっかり保湿ケアをしなければいけません。 毎日お化粧する人は、ファンデーションなどが毛穴につまらないように気を付けなければいけません。ニキビ跡が気になるからといってコンシーラーなどを塗りたくるのもNGです。ニキビ、ニキビ跡が気になるのであればフェミークリニック新宿院にてカウンセリングを受けてみてください。
  • Q.

    ニキビ治療の際に注意することはありますか?食事の改善も必要ですか?

    A.

    気を付けたいのは食生活です。食べ物が肌の状態を左右するためです。ニキビの根本的な問題は身体の中にあります。大きな引き金の一つが誤った食生活であり、砂糖や粗悪な油にカロリーばかり多い食べ物ばかりでは、肌が悲鳴を上げても無理はありません。できるだけ控えたいのはケミカルな食べ物であり、砂糖や油ものに欧米食は控えて、野菜や質の良いタンパク質、海藻やキノコに果物など、新鮮で命のある食べ物を口にすることです。洋食はカロリーも油分も多くなりやすいので、野菜メインの和食を意識するようにします。

コンタクト

メール相談

無料メール相談を受け付けております。何かご不明な点ありましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

カウンセリング予約

「本当に痩せられるの?」など疑問や不安をお気軽にお寄せください。カウンセラーがお話をうかがい、医師と相談の上、お答えいたします。