ケミカルピーリング

  1. 主な特徴
  2. 治療の流れ

最新のレーザー機器で肝斑の悩みを解消

レーザートーニングは、「メドライト」という広範囲に均一のパワーを照射することができる最先端のレーザーを使用する画期的な治療法。今まで治りにくいとされてきた肝斑にも効果が期待できます。

レーザートーニングの主な特徴・効果

  • シミ専用レーザーでは困難とされてきた肝斑治療に効果的です。
  • 肝斑以外にも、シミやそばかす、くすみなどの色ムラや毛穴の開きも改善します。
  • 施術後の副作用やダウンタイムがほとんどありません
  • 施術の際にパチパチとしたような刺激があります。

肝斑について

肝斑は、一般的に30〜40代の女性に多く見られる薄茶色をしたシミの一種です。 肝斑の原因は、女性ホルモンが関与していると言われており、閉経とともに消えるという報告もあります。 その他、紫外線や摩擦など外部からの物理的な刺激、毛細血管の拡張なども肝斑ができる原因と考えられています。
肝斑かどうかを見分けるのは医師でないと難しい場合があり、 治療法を誤ると症状が悪化する可能性があります。
もしも「私のシミは肝斑?」と気になったら、医師に相談することをおすすめします。

レーザートーニングについて

レーザートーニングは、「メドライト(MedLite )」という最新のQスイッチYAGレーザーを使用して、主に肝斑を改善していく施術法です。
肝斑の治療法は、これまではトラネキサム酸・ビタミンCなどの内服や外用、イオン導入による治療がありましたが、レーザーや光治療では困難とされてきました。
これは肝斑の場合、通常のシミと違いメラニンを作るメラノサイトがちょっとした刺激で活性化しやすい状態になっているため、シミ専用レーザーや光治療を行うとむしろ悪化する可能性があるとされているからです。
これに対し、レーザートーニングで使用する「メドライト(MedLite)」は広範囲にマイルドなパワーでレーザーを均一に照射するため、メラノサイトを活性化させる余計な刺激を与えることなく、蓄積したメラニンを少しづつ減らしていくことが可能です。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導きます。

効果・メリット

肝斑にレーザー治療が可能

レーザートーニングは、今までは不可能だった肝斑にレーザーで施術が行えるため、数か月かかったこれまでの治療法よりも短期間で効果が実感できます。



写真は30代女性のレーザートーニングでの術前と術後です。

肝斑以外のシミやくすみ、毛穴の開きも改善

肝斑だけでなく、シミやくすみなどの色ムラも改善が期待できます。開いた毛穴にも効果的で、ピンとハリのあるキメの整った肌に。
美肌治療ははじめてという方はもちろん、いままで色々な美肌治療をやってきたという美容上級者にもレーザートーニングはおすすめです。

ダウンタイム・副作用が無い

施術後に腫れなどの副作用が出る事は殆どなく、治療直後からお化粧も可能です。 ただし強くさわったりこすったりしないよう注意しましょう。

両頬のシミ(肝斑)が薄くなりました(Y・K)

会社員 46歳 K・Oさん



お世話になっております。
肝斑を気にしておりましたが、肌全体の透明感が上がったようで喜んでいます。
また、スタッフの方がいつも気持ち良く対応して下さることと、予約をすれば時間通りに施術して頂けることも助かりました。

より高い効果を得るために

施術の併用

レーザートーニングの施術と他の施術を併用して行うと更に効果的に治療を進めることが出来ます。 肝斑治療の場合、トラネキサム酸・ビタミンCなどの内服や外用、イオン導入(やケミカルピーリング)、また美白化粧品との併用してよい状態を保ちながら長くつき合っていくことが大切です。

美容に関するお悩み・ご相談に無料でお答えします。

「医療レーザー脱毛の効果が知りたい」「シミが増えた気がする…」
「本当に痩せられるの?」など疑問や不安をお気軽にお寄せください。
カウンセラーがお話をうかがい、医師と相談の上、お答えいたします。

無料カウンセリング予約
無料メール相談