0120-3888-65

診察時間:11:00~20:00

※年末年始を除き無休

無料診察・カウンセリング予約

シミのタイプ

シミのタイプに合わせた最適な治療法

シミやくすみは、濃くなってしまうとセルフケアだけで完全に取り除くことが困難なため、シミのタイプにもよりますがレーザー治療での除去がおすすめです。シミやくすみを除去する事でコンプレックスが解消され、性格が明るくなるなど精神面でのプラスにもなります。アフターケアもしっかり行いますのでお悩みの方はぜひご相談ください。

若いうちにできるシミの原因

加齢とともにできると思われがちなシミ。しかし、実は若い人のほうが、シミができやすい肌環境といわれているのです。

紫外線をあびる時間が多い

若い学生は、体育の授業や部活動、サークル活動など、外で長時間運動をしていることが多く、紫外線をあびる時間が非常に多くあります。紫外線の中でも波長の短いUVB波はエネルギーが強く、細胞を傷つけたり赤く炎症をおこしたりするため、メラニン色素が沈着してシミの原因になります。そのため、特にUVB波をカットする日焼け止めで紫外線対策をしなければ、シミができやすい環境下にいる若い人の方が、シミができやすくなるのです。

生活習慣の乱れによる、肌のターンオーバーの悪化

肌のターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。一般的に、若くて健康な肌で28日、30~40代になると45~55日かかるといわれています。ターンオーバーは早ければよいというものではありませんが、正常な状態を保った肌の生まれ変わりが肌トラブルを回避する上で重要なポイントとなります。肌のターンオーバーを悪化させる原因となるのは、生活習慣の乱れです。「睡眠不足、運動不足、食生活の乱れ、飲酒の機会が多い」これは、現代の20代の若い方におこりがちな習慣の一例です。健康志向があまり強くない若い方の方が、シミができやすい肌になりがちなのです。

シミができやすい人の特徴

シミができやすい人の特徴として、以下の3つ挙げられます。

シミができやすい体質

肌が色白の方は、紫外線から肌を守るためのメラニンが過剰に生成されやすく、シミができやすい体質といわれています。つばの広い帽子や日傘、日焼け止めなどの万全な紫外線対策を行ってシミを予防しましょう。 また、乾燥肌の場合、肌の生まれ変わりを促すターンオーバーが乱れやすくなり、古い角質がたまることによるシミの発生リスクが高くなってしまいます。乾燥はさまざまな肌トラブルに発展してしまうため、十分な保湿が重要です。お顔だけではなく、全身の保湿を行うことをおすすめします。

生活習慣が乱れがちな方

生活習慣が乱れると肌の新陳代謝が悪化し、肌の生まれ変わりが正常に行われず、シミができやすくなります。睡眠不足や高脂肪、糖分を過剰に含む食品の摂取など、不規則な生活を送っている方はシミができやすい肌になってしまいます。 十分な睡眠を摂り、バランスの良い食生活を意識することが改善に繋がります。また、定期的な運動をすることで、肌の新陳代謝が活性化されます。肌のターンオーバーが促進されるため、美肌効果も期待できるでしょう。

肌に対するスキンケア

肌に対して、保湿などの適切なスキンケアを行わなければ、シミができる原因になります。乾燥したまま肌のケアを怠ると、肌のターンオーバーが正常にはたらきません。メラニン色素が皮膚の深い層まで落ちてしまい、シミになってしまいます。しかし、過剰にスキンケアを施すこともシミを誘発する可能性があるため注意しましょう。肌に触る回数が多くなると、摩擦による刺激で肌にダメージを与えてしまうのです。 シミは、顔だけではなく全体にできる可能性があります。顔だけをスキンケアするのではなく、体の保湿も必要といえるでしょう。

シミのタイプ別の治療法

シミの治療にはいくつか種類があります。フェミークリニック新宿院ではシミのタイプに合わせて治療方法をご提案させていただきます。シミのタイプによっては1回の治療で改善されるものもありますがメラニン色素の量などによっては一部残ることもあり、そのような場合は複数回にわたり治療することで改善されていきます。

日光黒子(老人性色素斑)

もっとも多いシミのタイプです。紫外線による皮膚組織の損傷が原因で茶色いシミができるのが特徴です。年齢を重ねるごとに発症の確率が上がり60歳以上の方であればほとんどの方が発症するシミです。肌のターンオーバーを正常化する治療や、レーザーでの除去も可能です。

肝斑

肝斑はシミのタイプの中でも治療に時間が掛かっていましたが、レーザートーニングの登場で、従来では不可能だったレーザーでの施術が行えるため短期間で効果が実感できるようになりました。左右の頬骨に沿って出ることの多いシミです。ソバカスなどと混同されやすいですが全く別の症状なので注意しましょう。

まとめ

シミのタイプやその大きさや、セルフケアによって対策ができるものとできないものがあります。中には、皮膚科で治療が必要なものがあり、それはご自身で判断することは非常に困難といえるでしょう。確実にシミを消したいとお悩みの方は、美容皮膚科であるフェミークリニック新宿院へご相談ください。

お問い合わせはこちら

call 0120-3888-65

call 0120-3888-65

診療時間 11:00~20:00
※年末年始を除き無休

新宿フェミークリニックスタッフ

※フェミークリニックグループサイトに飛びます(外部サイト)

フェミークリニック
グループ院のご案内